アーカイブ
トップ > アーカイブ > 各種ダウンロード> 学術評議員候補者紹介

学術評議員候補者紹介

学術評議員の先生方には,来春4月に就任する新学術評議員候補者のご紹介をお願いします.下記の公益社団法人日本薬理学会定款施行細則第29条 並びに 新学術評議員選考規定に則り,代表的論文別刷2篇を含む紹介書類一式を,宅配便又はレターパック等受取りを確認できる方法により,事務局気付 理事長 宛にお送り下さい.締切は12月末日です.

用紙請求先および送付先:

〒113-0032 東京都文京区弥生 2-4-16 学会センタービル
(公社)日本薬理学会事務局
E-mail: society@pharmacol.or.jp

用紙は本会ホームページからダウンロードできます

申請書式一式 Excel(100KB) PDF (270KB)

※Excelファイルは全てのシートを忘れずにご記入下さい。


公益社団法人日本薬理学会 定款施行細則(抜粋) 平成24年1月4日施行

第29条 正会員のうち,薬理学研究歴が6年制大学の卒業者においては7年以上,4年制大学の卒業者においては8年以上,それ以外の者においてはこれに準ずる期間の者で,本会会員歴が原則として継続5年以上の者は,所定の用紙に必要事項を記載した新学術評議員候補者履歴・紹介書及び業績目録各1部に代表的論文2篇の別刷各1部を添えて,学術評議員としての資格を理事長に申請することができる.
第30条 理事長は,申請者の中から学術評議員会に提案する新学術評議員候補者を選定することを企画教育委員会に委嘱する.

新学術評議員選考規定 平成12年3月23日制定

(目 的)  
第1条 本規定は,公益社団法人日本薬理学会定款施行細則(以下「細則」という)第29条及び第30条に基づき,企画教育委員会(以下「委員会」という)が新学術評議員候補者を選定するに当たっての詳細を定めるものである.
   
(研究歴)  
第2条 細則第29条にいう薬理学研究歴(以下「研究歴」という)は,研究施設の名称などにこだわることなく薬理学的研究及び関連領域研究に従事した期間をいうものとする.
2 関連領域研究の妥当性は,委員会の判断による.
3 学部学生及び研修医の期間は原則研究歴に含めない.ただし日本薬理学会に入会し,在籍した期間及び新学術評議員選考規定運用基準第1項各号は研究歴に含めることができる.
4 研究歴の算定は,学術評議員就任時現在で行う.なお,1ヵ月未満の端数は,1ヵ月に数える.
   
(会員歴)  
第3条 細則第29条にいう本会会員歴(以下「会員歴」という)は,入会年より起算し,紹介書提出年の12月末日現在で算定する.
→例:2015年申請の場合,2011年12月31日以前に入会した会員が「会員歴継続5年以上」を充足します
   
(論 文)  
第4条 細則第29条にいう業績目録には,主な論文を5篇以上記載しなければならない.
2 前項の論文に学会報告の抄録は含めないものとする.
 
(代表的論文)
第5条 細則第29条にいう代表的論文2篇は,論文審査制度が設けられている学術雑誌に発表された,本人が主たる研究者である原著論文(受理証明のある論文を含む)とする.
→(代表的論文2篇の別刷を添付のこと)
 
(本会への発表)
第6条 新学術評議員候補者の選定に当たっては,本会学術集会(年会及び部会)における研究発表,並びに日本薬理学雑誌及び Journal of Pharmacological Sciences の論文数等を考慮する.
   
(特 例)  
第7条 薬理学を基盤とする教育・研究を担当する講座(部門)の教授,大学病院の薬剤部長及び委員会がこれに準ずると判定した者については,研究歴及び会員歴に関して,特別の考慮を払うものとする.
→(他分野から薬理学関係講座教授に就任された場合などは,研究歴・会員歴の基準年数を充足していなくても就任できるように考慮されます)

附 則 本規定は平成12年3月23日より施行する.
附 則 本規定は平成15年3月24日より施行する.
附 則 本規定は平成24年7月28日より施行する.
附 則 本規定は平成27年5月30日より施行する.


新学術評議員選考規定運用基準 平成24年7月28日制定

1. 新学術評議員選考規定第2条第3項により,次の各号はいずれも研究歴に含めることができる.
(1) 学会活動として薬理学会で本人が発表したと委員会が認めた場合.
(2) 研究活動として原著論文を第一著者として発表したと委員会が認めた場合.

このページの先頭へ