公益社団法人日本薬理学会
The Japanese Pharmacological Society

What's New

平成25年度第5回理事会報告

2014.09.30

日 時:平成25年11月30日(土) 12時20分〜16時45分
場 所:八重洲富士屋ホテル 5階 「つばき・あずさ」(東京都中央区)
出席者:理事長,理事15名,監事2名,オブザーバー2名

議 事

1.出版業務検討委員会,事務局体制検討委員会,理事会・選挙制度などに関する検討委員会より,平成26年度の総会に提示する最終案が提示され,以下を承認した.
・出版業務検討委員会は,平成27年度よりJPSを全面電子化することを決定した.オープンアクセスモデルで委託先をElsevierとする.移行のスケジュールは,1)J-Stageでの新規投稿受付は平成26年7月末日までとする,2)JPSの冊子体発行は,現行の委託先である金芳堂で平成26年12月20日を最終とする,3)Elsevierによる投稿受付の開始は,平成26年8月からとする.日本薬理学雑誌は,中西印刷株式会社を委託先候補とし,平成27年1月から移行とする仮契約を今期中に締結する.
・事務局業務の委託先候補には一般財団法人国際医学情報センターを選定した.
・理事会,選挙制度などに関する検討委員会は年会選挙を電子投票とする等,規則の変更を行った.理事会の継続性等の検討については次期に申し送る.

2.平成26年度事業計画案について
平成26年度の事業計画案が提示され,承認された.定款第45条により,事業年度開始の前日(平成25年12月31日)までに,収支予算書とともに内閣府に提出する.

3.平成25年度収支決算見込み及び平成26年度収支予算案を承認した.

4.規則制定,変更について
・平成27年度より会員種別ごとの会費年額を次のとおりとする会費規定変更案を承認した.
1.学術評議員の会費年額は15,000円とする.シニア会費は10,000円とする.
2.学術評議員以外の正会員の会費年額は9,000円とする.シニア会費は6,000円とする.
3.大学院学生の会費年額は平成27年度会費より6,000円とする.
4.大学学部学生の会費年額は3,000円とする.
※シニア会費適用の要件は,(1)会費納入年の3月31日に年齢満65歳以上であること,(2)申請書提出時に常勤職に就いていないか,適用初年度の3月31日までに常勤職を退職する見込みであること,(3)申請書提出年までの会費を完納していること,の全てを充足する者とする.
・JPS全面電子化に伴い,平成27年度より定款施行細則第8条を「会員は,日本薬理学雑誌の配布を受ける.」とする変更案を承認した.
・利益相反マネージメント施行細則に基づく利益相反委員会規則,倫理委員会規則の各制定案を承認した.

5.第89回(平成28年度)年会長に,北里大学薬学部分子薬理の石井 邦雄教授を決定した.

6.平成26年度に就任する名誉会員候補者8名,永年会員候補者8名を平成26年度の総会に推薦することを承認した.

7.役員選考委員会規則第3条に基づき役員選考委員会委員候補者6名を承認した.

8.平成27年(2015年)よりJPSへの論文掲載後2年間で最も引用された論文にベストサイテーション賞を授与する提案を承認した.

9.第7回江橋賞受賞者を決定した.

10.賞等選考委員会答申に基づき3名を第29回学術奨励賞受賞者に決定した.

11.平成25年7月1日から10月31日までの新入会希望者158名全員の入会を承認した.

12.その他
・日本医学会連合の分科会を継続していくことを確認し,負担金の支払いを平成26年度予算に計上した.
・Guide to Pharmacologyのデータベースと本会ホームページをリンクさせる提案を承認した.

Recently

Category

ARCHIVES