公益社団法人日本薬理学会
The Japanese Pharmacological Society

What's New

APFP2021の参加登録と演題登録のご案内

2021.09.17

会員 各位

APFP2021(14th Asia Pacific Federation of Pharmacologists (APFP)、アジア太平洋薬理学者連盟)の開催につきましては、
これまで何度かアナウンスさせていただきましたところですが、再度の延期の後、
本年11月26日(金)~11月29日(月)に、以下のように台北(台湾)で開催の予定です。
本大会は、ハイブリッド方式で開催され、オンライン参加も可能となっており、
オンライン参加の場合は参加登録費のディスカウントがあります(大会ホームページでご確認ください)。

開催日時:2021年11月26日-29日
会場: Taipei International Convention Center (TICC),台北(台湾)
大会ホームページ: http://www.2020apfp.com
Abstract submission deadline:Sep 30, 2021
Notification of Abstract Acceptance: October 20, 2021
Early bird registration deadline: Oct 15, 2021
Online registration deadline: Nov 5, 2021
Registration Link: http://submission.2020apfp.com/login

APFPは、1976年に橋本虎六先生が中心となり設立し、日本が中心国の一つとして運営されてきました。
現在、三品昌美先生がpresident、飯野正光先生がcouncilorを務められています。
APFP大会は4年毎の開催であり、今回台湾で開催されますが、2018年の京都のWCP2018には台湾から多数の参加者がありました。
また、アジア諸国との学術交流は、今後ますます重要となってくると思われますので、
多くの会員の皆様にご参加いただければ大変有り難く思います。

本大会では一般演題(ポスターセッション)を募集しており、
Abstract submission deadlineである9月30日が近づいて参りました。
ポスター発表もオンラインで可能かどうか、大会事務局に問い合わせていますが、現時点ではまだ決定できていないようです。
演題登録をご検討いただいています会員の皆様には、大変ご不便おかけし誠に申し訳ございませんが、
詳細の連絡がありましたら再度お知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

国際対応委員長 金井 好克

←「APFP」へ戻る

Recently

Category

ARCHIVES